トップへ

2009年度定期総会と特別講演会を開催
     4月26日(日)、13時30分よりメルパルク京都(京都市)におきまして
2008年度の定期総会を開催いたしました。 
     昨年9月にNPO法人として正式に発足して以来、初めての総会となります。
     本会理事長の松本脩三先生を議長に、各担当理事による報告や説明が行われ、
全ての議案が審議・承認されました。

                     審議された議案  
           
    第一号議案  2008年度事業報告

    第二号議案  2008年度収支決算

    第三号議案  2009年度事業計画
              事業方針として「身体障害者手帳」の取得を目指すこと

    第四号議案  2009年度収支予算

    第五号議案  会費改定に関する事項

               正・準会員の会費を年額3000円とすること
               年度途中の新規入会者は入会金3000円を支払い、その年度分の
               会費は不要とすること

               



  担当理事よりの報告
議 場 風 景


 
特 別 講 演

「原発性免疫不全症 〜過去・現在・未来〜 」
講 師 : 岩田 力 先生(東京家政大学教授・本会理事)

総会終了の後、岩田 力先生の特別講演が行われました。
「原発性免疫不全症〜過去・現在・未来〜」と題して、丁寧に過去を振り返りながら
PIDの治療法の進歩をお話しくださいました。
国内外の多くの先生方のご尽力が、現在に至るまでの一歩一歩に
つながっているのだという事実に、改めて胸が熱くなりました。
今では30〜40年前には思いもしなかった骨髄移植や遺伝子診断などということが
行われるようになり、そしてこの先には、また一歩進んだ未来が広がっている・・・。
私たちは勇気を持って未来を信じて病気と闘っていきたい。
先生のお話を伺いながら、そう強く感じました。
岩田先生、ありがとうございました。

尚、この講演の内容はテープ起こし後製本し、本会会員様には無料で、会員以外のご希望の方には一冊500円にてお分けします。

  

講演のあとは、個々に先生方への相談や、参会者同士がお互いの様子を伝え合うなど、
時間を越えての医療相談、情報交換、交流会となりました。