トップへ

PIDつばさの会の歩み
     いっぽ、いっぽ、歩んできました!
 1991年 8月  ■一患者の親の投書「同病の仲間を求む」が新聞に掲載される。
      11月 ■「つばさの会」の名称で任意団体として発足  会長:島本 敏子
 1992年 3月 ■会報第一号発行・・・以後年4回、36号まで発行

■本病患者の窮状救済を求めて「特定疾患」認定への活動開始
      9月 ■「第一回定期総会」並びに「医療講演会」を開催
  以後、「総会」 「勉強会」 をそれぞれ年1回開催

 1994年 1月 ■会結成以来の悲願であった「特定疾患」に認定される!  
       3月 ■日本児童家庭文化協会より「エリエール奨励賞」を受賞
       4月 ■「PL法」制定に当たり本会からの要望が認められ「血液製剤」の
 適用が決定
 1995年 3月 ■一部疾患で遺伝子解析への協力開始
      10月
■インターフェロンγのCGDへの保健適用を求めて活動開始

 1997年 7月 ■血液事業法案(仮称)制定の動きに合わせ、本病で使用する
  血液製剤等について保護を要望し、活動開始  
 1998年 1月 ■特定疾患患者の一部自己負担導入につき、厚生省と交渉開始

■「原発性免疫不全症症候群調査研究班」班会議に招かれ初出席
       4月 ■役員交替  会長: 浪川 淳子
       6月 ■インターフェロンγの保健薬適用が承認される
 1999年 12月 ■「食細胞機能異常症研究会」に初出席

 2004年 4月 ■役員交替  会長:永井 敬子  
 2005年 5月 ■γグロブリンの保険適用量拡大に向け活動開始
 2008年 1月       ■日本でのPID研究拠点である「理研ジェフリー・モデル PID診断・研究
  センター」 開所式に出席

■米国のPID患者会「NPO法人ジェフリー・モデル基金(JMF)」と
  友好を結び、世界各国におけるPID患者会とのネットワークを作る  
 
■全国の専門医等の研究会「日本免疫不全症研究会」の第一回
  研究会に出席し、以来、毎年参加


 2008年 9月 ■「PIDつばさの会」としてNPO法人化 
  理事長:松本 脩三
 2009年 4月 ■「身体障害者手帳」取得に向け活動開始 
 2010年 4月 ■γグロブリンの保険適用量拡大決定
 2011年 11月 ■ 理事長:宮脇 利男
 2014年 5月 ■ 理事長:岩田 力