PID(原発性免疫不全症候群)とは

 PID(原発性免疫不全症)は先天的に免疫系のいずれかに、欠損や機能しない部分がある疾患の総称です。
 障害される免疫担当細胞(たとえば、好中球、T細胞、B細胞)などの種類や部位により400近くの疾患に分類されます。
 PID多くで問題となるのは、感染に対する抵抗力の低下です。重症感染のため重篤な肺炎、中耳炎、膿瘍、髄膜炎などを繰り返します。肺感染の反復により気管支拡張症などの後遺症を残すこともあるほか、時に生命の危険を生じることもあり、早期診断・早期治療が重要です。
 PIDつばさの会では、病気に対する正しい知識、正しい治療の普及啓蒙を目指して専門医と連携しながら、この難病と向き合う人々の支え合いの輪を広げようと活動しています。

つながろう
わかちあおう
命みつめて